薬局での一日
ライジング薬局での薬剤師の一日をご紹介いたします。

薬剤師の一日

奨学金制度(返済免除制度有)があります。薬剤師を目指す薬学部所属のみなさま、是非ご活用ください。

奨学金制度(返済免除制度有)について詳しくはこちら

薬局での1日

美秋薬局で働いている薬剤師の松村さんに密着して、1日のお仕事について教えていただきました。まずは簡単に1日の流れを教えて下さい。
8時10分に出勤し、そこから17時半の受付終了時間まで働いています。比較的に午前中が忙しく、午後から落ち着いてくるといった感じです。

8:10 出勤

処方箋の受付は8:30から開始なのですが、毎日きちんと掃除をして綺麗な状態で患者さまをお迎えできるようにしています。患者さまにゆっくりと落ち着いて薬の説明を受けていただける空間づくりをスタッフ全員で意識して取り組んでいます。
薬局内が清潔なのはもちろんのこと、観葉植物の設置や自由にお茶が飲めるスペースの確保など、患者さまにゆったりと落ち着いていただけるための配慮が感じられます。

8:30 処方箋受付開始

8時半から処方箋の受付が開始されますが、患者さまがいらっしゃるのはだいたいどのくらいの時間からなのですか?
診察もありますのでだいたい9時半頃からいらっしゃることが多いです。この午前の時間帯が一日で一番忙しく、忙しい中でも、しっかり丁寧に一人一人の患者さまへの対応ができるように気を引き締めています。

12:30〜 休憩(ローテーション)

12時半からローテーションで休憩をとり、その日の流れに合わせてしっかりと患者さんに対応できる体制をとっています。
この日の休憩は13時からでした。

休憩時間に昼食をとられると思いますが、いつもどうされているのですか?
コンビニも何件かありますが、お店で食べるのだと道の駅が充実しているそうです。

14:00 調剤業務再開

患者さまの処方箋に沿った薬の提供を行います。
薬歴の入力や在庫管理は調剤の度に実施しています。
「薬歴」というのは病院でいう「カルテ」のようなもので、患者さまそれぞれが服用されている薬について記載しています。

薬の処方を行うなかで意識されていることはありますか?
とにかく丁寧にご説明させていただくことですね。患者さまのなかにはそれぞれの薬にどのような効果があるのか知らないまま服用されている方もいらっしゃいます。あとはほかに通院されているクリニックで処方された薬を服用されているかどうか、ヒアリングすることを徹底しています。診察したクリニックの先生が患者さまの現在服用されている薬の内容を知らない場合もありますし、飲み合わせに問題がないか判断するのは私たち薬剤師の大切な仕事です。

17:30 処方箋受付終了

閉店時間ですが、近隣の医療機関の業務終了までは開局しています。

17:30に処方箋の受付を終了しますがだいたい17時頃には片付けを始めて閉店時間を迎えるようにしています。仕事が終わったあとは住まいのある山口市へ帰り、リラックスタイムをとっています。
美秋薬局での1日のお仕事の流れがとてもよくわかりました。インタビューにお答えいただきありがとうございました。

MENU
PAGE TOP