薬剤師を目指して薬学部に入ったらこんな生活が待っている
薬剤師になるならば、大学の6年制の薬学部に入学し勉強する必要があります。 国家試 ...

薬剤師を目指して薬学部に入ったらこんな生活が待っている - 山口県,広島県,岡山県,東京都 調剤薬局の運営 | 薬剤師募集中 | 株式会社ライジング

薬剤師になるならば、大学の6年制の薬学部に入学し勉強する必要があります。
国家試験に受かって初めて薬剤師としての道が開けますが、その国家試験を受けるためには6年制の大学でなければ受験資格がないのです。6年間という年月は思いのほか長いです。しかも薬学部は楽ではありません。他の学部を選んだ学生たちからすると想像もつかないような勉強の山が待ち受けています。

具体的にはどの様なカリキュラム?

1.2年次 → 薬学基礎科目

薬学部は他の理系学部とは違い、化学だけでなく生物、物理といった基礎科目を学びます。高校時代に生物や物理を学んでいないと、やや苦戦するかもしれません。

3年次→薬学専門科目

1、2年時の基礎知識を医療や健康、薬を治療に使うためのメカニズムへと応用していきます。内容が高度になってきますから、全科目を試験で通過することは容易ではありません。3年次は1つの山場でしょう。

4年次→研究室+薬学共用試験有

3年次までの成績を元に研究室に配属されます。そして年末ごろには国家試験の次に大きなテストとなる、コンピューターによる基礎学力試験と実技を披露する臨床能力試験を通過しなければ5年生にはなれません。

5年次→実務実習(薬局、病院等)

薬局、病院に赴いて、2ヶ月半程ずつ実務実習が行われます。

6年次→卒業研究+総合学習+薬剤師国家試験

実習に基づき、国家試験対策として5年間の総復習を1年かけて行います。3月上旬に国家試験が行われ、合格したら薬剤師名簿への登録をしてもらい、晴れて薬剤師になれます。就職活動は5年次から始める人が多いようです。就職の内定が取れていても、国家試験をパスしないと薬剤師にはなれないので気が抜けません。

国公立大の薬学部と、私立大の薬学部では、私立大の方が国家試験対策が手厚いという風潮があります。では国公立だから薬剤師の国家試験合格が難しいのかというと、そうでもありません。何より国公立大の薬学部入試は大変難関ですから、国公立大の薬学部に合格出来る学生ならば、薬剤師国家試験は普段の大学での勉強、実習を普通にこなしていれば通過できます。

薬学部に入ったらかかるもの

多くの学生が奨学金制度を利用

国公立と私立の薬学部での大きな違いは、学費です。私立の方が3倍ほど多くかかるのです。6年間の学費が、国公立では350万円ほど、私立では1200万円とも言われ、教材費や生活費も別途必要です。必ずしも親御さんやお爺さんお婆さんが援助してくれるとも限りません。また薬学生は、アルバイトで生活できるほど自由になる時間もありません。ですからそのような環境の中で、多くの学生は奨学金制度を利用しているのです。

給料は支給され、二年働くことで奨学金免除される制度

ほとんどの奨学金は、卒業し社会人になってから返済しなければなりません。いくら薬剤師の初任給が一般レベルより条件が良くても、6年分の借入額はかなり大きくなるため返済は大変です。しかし学生のうちに給付した奨学金を、入社してから一定期間働くことで「奨学金の返済を免除してくれる」支援制度があったらどうでしょう?もちろんお給料とは「別に」支援されるので、待遇に違いはありません。

奨学金について知っておかないともったいない!?

これから大学の薬学部を受験するのであれば、奨学金についても知っておいた方が良いでしょう。奨学金については「薬学生の奨学金事情について」にて詳しく説明しています。良かったら読んでみてくださいね。

ライジンググループの奨学金制度

就職活動などでホームページをご覧いただきお気づきかもしれませんが、山口県と広島県に多くの店舗を持つ薬局ライジンググループには独自の奨学金制度があり、薬学部5年生と6年制に対して募集を行っています。規定の期間で返済する、または卒業してからライジングに入社し、一定期間働けば奨学金の返済は免除になります。ライジングではなく別の企業に就職する方でもサポートはしていますので、忙しさで困っている方はいつでも連絡してください。最後に、同じように在学中にライジングの奨学金を受給された先輩の声を紹介します。

まずは、生まれ育った地域、大学生活を送った地域、今の生活拠点地域をそれぞれ教えてください。
山口市出身で、大学は広島県福山市です。現在は山口県に戻って働いています。
奨学金という制度自体の認知度は?周りの学生で他の奨学金を受給されている方はいらっしゃいましたか?
いくつか奨学金制度を導入している薬局があり、周りの学生でそういった奨学金を受けている子もいました。
在学中、周りの学生は「ライジングの奨学金制度」についてご存じでしたか?
当時は私の大学の就職説明会にライジングが来ていなかったのであまり知られていなかったかもしれません。今は就職説明会に参加しておりそこでも奨学金のことについて触れているので認知度は高くなっていると思います。
どうやってライジングの奨学金制度を知りましたか?
ホームページを見て知りました。奨学金は主に有利子、無利子のものがありますがいずれにしろ返済するのが前提のものです。しかしライジングの場合は借用期間働くことで返済が免除されるのがいい点だと思います。
何カ月間、いくらくらい受給しましたか?
大学6年次の約半年間、月7万円を受給しました。
返済はどうされましたか?
借用期間働くことで返済が免除されました。
ライジングに入るか迷いましたか?他に就職したい所はありましたか?
私の場合は就職を決めてから奨学金制度を知ったので特に迷いはなかったです。
どのような審査や試験がありますか?
面接のみだと思います。私は薬局を見学した際に面接と兼ねて奨学金の話も聞きました。
受給して良かったことは何ですか?
大学6年次は国家試験の勉強に追われてバイトなどをする余裕がありませんでしたが、6年次は予備校の費用や、参考書など結構な出費があります。そんな時に奨学金があることで親へ負担をかけることがなく国家試験に臨むことができ感謝しています。
受給して悪かったことは何ですか?
とくに悪かったことはないです。会社でも奨学金を受けていない人との待遇の差などもないと思います。

岡山大学・広島大学・徳島大学・九州大学・長崎大学・熊本大学・就実大学・広島国際大学・福山大学・安田女子大学・徳島文理大学・松山大学・第一薬科大学・福岡大学・長崎国際大学・崇城大学・九州保健福祉大学

上記のような中国、四国、九州エリアの薬学部を目指す皆さんには山口県・広島県であればアクセスも良いので就職先として検討いただくこともあるかと思います。もし、先輩のインタビューを見てもっと詳しく聞きたいなと思う事があれば、いつでもお尋ねください。

MENU
PAGE TOP