薬剤師として地方で働く
一般的な職種だと、東京をはじめとする都心部の平均年収が高く、地方に行くにつれて平 ...

薬剤師として地方で働く - 山口県,広島県,岡山県,東京都 調剤薬局の運営 | 薬剤師募集中 | 株式会社ライジング

一般的な職種だと、東京をはじめとする都心部の平均年収が高く、地方に行くにつれて平均年収が下がっていくものです。しかし、薬剤師はそれに当てはまらない数少ない仕事といえるでしょう。
厚生労働省の「平成28年度賃金構造基本統計調査」によると、都道府県別薬剤師の年収ランキング
第1位 岩手県 平均年収 742万円
第2位 茨城県 614万円
第3位 山口県 611万円
となっており、東京、神奈川、埼玉、愛知、大阪などは10位にすら入ってきません。(因みに東京は12位で平均年収539万円)
また地方の薬剤師求人では、給与だけでなく、住宅手当や車両手当、引っ越し費用まで負担してくれる場合もあり、僻地であれば更に好待遇で魅力的な求人がたくさん存在していると言えます。薬剤師には1日で処理できる処方箋枚数は上限が決まっており、給料が高いから特別忙しい、安いから楽ということもありません。地方の方が人との距離が近く、患者さん一人一人に心を配ることができます。とてもやりがいを感じることでしょう。

地方で働くメリット

働くということは必ずしも収入だけが全てではありませんが、返済するべき奨学金があるのなら、地方で働くことも考えてみることをお勧めします。仮に奨学金の返済額が1000万円残っていたとしましょう。毎月5万円を返すと年間60万円返済することになります。この計算で行くと全額返済までに16年7ヶ月掛かります。もちろん月々の返済額を多くすれば完済までの年月が減りますが、生活も成り立たせなければいけません。純粋に年収が多い、生活費の負担が少ない、という選択肢を選ぶことが無理のないライフプランにもつながります。

奨学金返済に苦しむ薬剤師が考えるべき就職・転職のコツ

出来るだけ素早く無理なく奨学金を返済できる会社へ就職・転職することを考えてみましょう。薬剤師は最短でも24歳で社会に出ます。16年以上返済に掛かるとなると、完済したときには40歳です。その間には結婚もしたいでしょうし、旅行もしたいでしょう。しかしカツカツの生活では必要な貯えも作れないわけです。

かと言って失望するのはまだ早い。
ここまで薬剤師になるために、難易度の高い大学に入学し、更に6年間の勉強と国家試験。頑張って勉強してきた対価として、高い給与を期待するのは当然のことです。先ほど、地方で就職した方が給与を含め待遇が良いということをご紹介しました。では薬学部から就職する際に、一番条件が良い職場はどういう所でしょう?病院でしょうか?製薬会社でしょうか?
実は薬局です。ドラッグストアや調剤薬局の給与は、病院や一般企業に比べると、初任給の段階から大きく差が出ます。非常に良い条件で返済シュミレーションをしてみると、思いのほかストレスも少なくなりますね。

奨学金の返済を支援してくれる薬局・病院を狙う

日本全国にある大学の数は779校(文部科学統計 平成27年度)ありますが、そのうち薬学科(薬学部)のある大学は76校と決して多くはありません。親元から離れて大学に通う薬学生も多いと思います。学費、教材費、実習費用に加えて生活費も必要ですから、アルバイトをする時間が中々取れない薬学生にとって、奨学金は大きな意味があるものです。同時に借入額も相当大きくなることは容易に想像できます。

このため奨学金返済のためには、「新卒時から高年収の条件が良い薬局に就職する」という解決策があります。先ほどの章まで「地方は年収が高い」「薬学部卒の就職は薬局が好条件」とご紹介しました。更にもう一点、「奨学金返済の支援をしてくれる就職口を探す」こともポイントになります。奨学金を企業や病院から受け、卒業したら、その企業なり病院に勤めることで受けた奨学金の返済を免除してもらえる、という支援を探すのです。山口県、広島県に多くの薬局を展開しているライジンググループでも、奨学金の返済支援をしています。
中国地方は薬剤師の平均年収が、他地域に比べ高い傾向にある上、既定の年数働くことで奨学金の返済を免除する支援も積極的に行っています。実際にその制度を活用している先輩たちの意見も参考にしてみてください。

山口県で生まれ育ち、広島大学生活を送った後、山口県に戻られた先輩のインタビューです。

薬学生にとって奨学金制度と言えば?
ライジングの奨学金は5.6年対象ですが、奨学金が必要な人は入学当初から必要としているため、育英会を使用する人が多いです。私立なら学費6年で1200万前後に生活費がかりますが、育英会なら薬学部の場合、月20万超える額を借り入れできるので使用している人が多かったですね。
周りの学生の奨学金利用状況はどうでしたか?
育英会、県の奨学金を借りている人がいましたね。企業、病院などの奨学金制度もあるけど、入社前提での借り入れが多いのでどこに就職するか、何がしたいか未定な人は利用しにくいということもありましたね。
在学中、周りの学生は「ライジングの奨学金制度」について知っていましたか?
企業の奨学金の1つとして知っている方もいたと思います。
薬剤師になるために必要なお金はどのくらいですか?
学費200万+専門書教科書など+生活費があるので2000万は簡単に超えると思います。
どうやってライジングの奨学金制度を知りましたか?
学生時代にゴルフをしていて、地域の薬剤師会や病院の方と定期的に会う機会がありました。その時に広島のライジングの方にお会いして聞きました。奨学金は併用できない場合もありますが、ライジングの場合は他と併用できるところがいいですね。また借りた期間働けば返金免除というところが魅力でした。
何年間受給しましたか?
1年半くらいですね。
いくらくらい受給しましたか?
150万くらいだったと思います
返済はどうされましたか?
借入期間雇ってもらったので免除になってます。
どのような審査・試験がありましたか?
面接のみでした。
受給してよかったことは何ですか?
バイトなどを減らせたので、国家試験に向けて集中できました。
受給して悪かったことは何ですか?
国家試験に落ちれないというプレッシャーができたことですが、おかげで「絶対受かるぞ」という気持ちも大きくなったので良かったです。

1200万や2000万と言われるとすごく不安になるかもしれません。しかしどんな薬学部でも1000万前後の費用が発生してしいるにもかかわらず、多くの方が薬剤師になられています。過度に不安を募らせる必要はないでしょう。ただ、大学受験の際に就職の事や奨学金返済の事も少し視野に入れて考えると良いかもしれないですね。

  • 地方は年収が高い
  • 薬学部卒の就職は薬局が好条件
  • 奨学金返済の支援をしてくれる就職口を探す

この3点を頭の片隅にとどめておいてください。「地方で働く」と一口で言っても、色々あります。生活様式や食べ物などが違い過ぎてもストレスになるかもしれません。地元に近い地域、親戚がいる地域、昔住んでいた地域、趣味を行うのに都合がいい地域、通った大学がある地域、など「何かしら自分に関係のある地域」だとストレスも少なく働きやすいかなと思います。

ライジンググループの薬局は、山口県と広島県に多く店舗を構えています。
岡山大学・広島大学・徳島大学・九州大学・長崎大学・熊本大学・就実大学・広島国際大学・福山大学・安田女子大学・徳島文理大学・松山大学・第一薬科大学・福岡大学・長崎国際大学・崇城大学・九州保健福祉大学
通っている大学の近くから比較的近い、山口県や広島県で就職を検討してみませんか?

MENU
PAGE TOP