山口県立美術館で開催されているスタジオジブリ・レイアウト展は6/18まで

2017.05.04 [Thu] 店舗情報

サン薬局 鵜飼です。久しぶりの投稿です。

4/20から山口県立美術館で開催されているアニメで有名なスタジオジブリ・レイアウト展を次女の熱望で地方に行った大学生の長女も帰ってきたので、一緒に見に行きました。

5/4の9時の開館を狙って行ったのですが、すでに駐車場はほぼ満車状態でギリギリ止めることができたほどのにぎわいで、チケット購入から入場まで1時間ほど待ち時間がありました。家族連れ、カップルの観覧者がたくさんいらっしゃいました。

レイアウトってなに?っていうことですが、1枚の紙に背景とキャラクターの位置関係、動きの指示、カメラワークの有無やそのスピード、監督の演出意図など、そのカットで表現されるすべてがつまった、設計図のことで、絵コンテと原画のつなぎのような役割なんだそうです。

ジブリ第1作「風の谷のナウシカ」(1984年公開)を映画館に見に行ったのが、もう30年以上も前というのが信じられないですね。観覧されている方々をみると世代をこえて愛されているのがよく分かります。わが家族一押しは「天空の城ラピュタ」です。我が家の壁にはポスター掛けてます 😆

映画が完成してしまえば破棄されることも多いレイアウトなので、めったに見る機会がないと思います。興味がございましたら一度足を運んでみてはどうでしょうか? 6/18まで開催しています。

 

ブログランキングに参加しています。よかったらクリックいただけますとうれしいです。


薬剤師ランキング

MENU
PAGE TOP