憧れのフェニックスカントリークラブ・霧島温泉への旅~社員旅行の思い出~

2017.09.04 [Mon] お知らせ

旅行といえば、観光や体験アクティビティなどに行くことが多いですが、「社員が行先を決めれるライジング」では、ゴルフツアーが社員旅行になる年もあります。ゴルフ好きが多いライジングならではです。せっかくだから美味しいものも食べたいし、旅行気分も味わいたい。。そんな思いから、欲張り九州3県周遊ゴルフツアーが決行されることになりました。

九州は、言わずとしれた「日本列島の島の1つ」です。関門海峡を渡ればすぐに九州に渡れるので山口県民にとっては、身近な土地だと思います。今回は、そんな九州の中でも比較的遠い下部にある熊本・鹿児島・宮崎への社員旅行でした。熊本から入って、鹿児島に移動して宿泊、翌日は宮崎に移動という1泊2日の中では移動距離も多く慌ただしい、しかし充実したスケジュールとなりました。

熊本県は、九州のちょうど中央に位置する県です。「火の国くまもと」と言われることも多いですが、「不知火」や「阿蘇火口」など火にまつわる物が多いことや「肥後の国」を短縮したものであるなど言われは様々だそうです。そんな熊本県は、阿蘇山や天草といった自然遺産、熊本城や水前寺庭園など文化遺産もあり、自然美と建築美を思う存分楽しむことができる県の一つです。

鹿児島県は、九州の最下部にある県です。火山の桜島が有名だったり、鹿児島弁が外国語に聞こえるとCMで取り上げられたり、屋久島や奄美大島と言った島がクローズアップされたりと何かと話題の多い県です。「薩摩」と呼ばれていたことも有名で、歴史にまつわる観光スポット、指宿や霧島をはじめとする温泉地と年を重ねても楽しむことができる県だと思います。

宮崎県は、九州の中でも新幹線や高速道路の整備も少し遅れ気味ですが、南国らしい温暖な気候が特徴でその恵まれた気候から農業や畜産がさかんに行われています。マンゴーや宮崎地鶏など聞くだけでお腹がすいてきそうですよね。高千穂峡や青島をはじめとした自然美の絶景が県内に点在しており、プロ野球のキャンプ地として有名です。今回は、そんな3県を周遊してきました。といっても、メインはゴルフだったのですが。

 

山口駅に集合し、車に乗り込み熊本へ出発。運転手以外でビールで乾杯!と行きたいところですが、ゴルフのラウンドを回る元気を残すためにグッと我慢。まずは熊本県のゴルフ場へ向かいました。午後からハーフラウンドだけ回り、そのままバスに乗り込み鹿児島「霧島温泉」へ。温泉・食事と楽しみ、翌日には宮崎へ移動です。宮崎では憧れのゴルフ場へデビュー。と、ゴルフ三昧の1泊2日でした。

 

霧島市は鹿児島県でも有数の温泉地です。大小いろんな温泉街があるそうです。今回は「霧島温泉郷」へいきました。熊本でゴルフを楽しんだ後だったので、到着したころには辺りは暗くなっていましたが、旅館の明かりや旅館と旅館の間から立ち上る湯けむりに心が落ち着きました。温泉街の街並みにはなんとも言えない趣があります。チェックイン後すぐに、まずは温泉で汗を流しました。大きな湯船にゆっくりつかると本当に疲れがとれます。楽しみにしていた夕食では「黒豚」に「焼酎」、鹿児島を満喫する和懐石に舌鼓。美味しい食事にお酒で話も弾み賑やかな夜を過ごしました。

温泉

最も興奮したのが、宮崎にある「フェニックスカントリークラブ」でのプレーでした。「フェニックスカントリークラブ」はプロの大会も行われる有名なゴルフ場です。タイガーウッズや、ジャンボ尾崎、最近だと松山英樹など名だたるゴルフプレーヤーが出場する「ダンロップフェニックストーナメント」の開催されているゴルフ場です。

自分で行くとなると、交通手段や少し高めのコース料金と足踏みする要因が多いゴルフ場でもありますので、社員旅行で訪れることができて素直にうれしく思います。タイガーウッズがおかわりしたと言われている「牛丼」も食べることができ、いい思い出になりました。南国のような宮崎の景色の中でゴルフをすることがとても充実した時間が過ごせました。

宿泊先の鹿児島では鹿児島の名産を楽しみました、ゴルフ場の「牛丼」と「チキン南蛮」、宮崎でも宮崎牛や地鶏を食しました。どちらも男性でも嬉しいがっつりメニューです。ほかにも肉巻きおにぎりや地鶏の炭火焼きなど食べたい名産はたくさんありました。調べてみると、マンゴーや日向夏といったフルーツに海沿いの町だと海鮮も有名だそうですので、北から南へ縦断していくのも楽しそうだなと思いました。家族や職場へのお土産には「マンゴープリン」や「マンゴーケーキ」を購入しました。

非常にハードスケジュールだったが、日本一美しいと言われているフェニックスゴルフ場でプレイができ、とても思い出になりました。今回はゴルフ中心でしたので、観光地などを巡ることはできませんでしたが、今度は家族と巡るのも楽しそうだなと感じました。ライジングの社員旅行は、海外旅行のような長期旅行から国内での短期旅行と年に何度かに分けて開催されるものから選択できるので、年代や希望に合わせて楽しめるところも魅力的です。

【イメージ写真】

ブログランキングに参加しています。よかったらクリックいただけますとうれしいです。


薬剤師ランキング

MENU
PAGE TOP